オススメのカードローンこちら!

問題なく借りられるのは年収の1/3まで?年収が300万円なら100万円までは借りられる?

カードローンを始めとする無担保で利用できる各種のキャッシングには、総量規制という収入による借り入れ制限が適用されます。

その規定によって、キャッシングでは原則的に年収の1/3までしか借りることができませんが、実際にはその1/3どころか、1/10程度までしか借りられないことも少なくありません。

この理由は一体何なのでしょうか? 何故きちんと法律によって決められている上限の年収の1/3まで貸してくれないのか、また、そこまで貸してもらえない場合に当てはまるのはどのようなケースなのでしょうか?

年収の1/3はあくまで上限です

この年収の1/3とは、総量規制が適用されるキャッシングにおける融資の上限額です。例えば融資金額(契約金額)が10~500万円というカードローンでは、借りられる上限はその500万円か、年収の1/3のどちらか低い方になります。

年収が300万円だとすると、100万円が総量規制における上限になるので、上記のようなカードローンなら100万円まで借りられると思ってしまうかも知れませんが、この年収の1/3という金額はあくまで上限として設定されるものです。

よって、実際にはそこまでの金額では契約できないことも多いのです。

金融機関は年収でなく所得(手取り)で判断

その理由として、まず、年収は収入であって、所得ではないという点から見ていきます。

年収が300万円あってとしても、実際に手元に残る手取り所得となると、その2/3の200万円程度なのが一般的です。それは、収入から所得税や住民税などの税金と、各種の控除が引かれたものが所得だからです。

返済に利用できるのは、もちろんこの所得の方です。よって、年収が300万円の人に100万円を貸してしまうと、現実的に返済はかなり難しいと言わざるを得ません。いくら法律的には100万円まで貸せるとしても、この実際の返済のことまで考えてそこまでは貸してくれないのです。

キャッシング会社側はもちんん、できれば高額を貸したいと考えています。しかし、返済が難しいと思われる金額まで貸してしまうと、今後はきちんと返済してもらえないリスクがあるという訳です。

総量規制は文字通り、”総量”に対する規制です

既に他社からいくらかでも借りていると、当然それが契約できる金額に影響します。総量規制は貸金業法が適用される全てのキャッシングの総計で判断します。

年収が300万円の人が他社から既に50万円を借りている状態だと、借りられるのは最高でもあと50万円まで(合計して100万円になるので)ということになります。

クレジットヒストリーも大きく影響します

キャッシングの世界では、クレジットヒストリーというものがとても重要になります。これは、これまでにキャッシングやクレジットカード、その他のローンを利用した経験のことで、これにいわゆる”傷”があると、それが原因で契約自体が行えなかったり、契約金額がかなり抑えられてしまうことがあります。

この傷と呼ばれるのは、返済日に支払いが行うことができず、延滞してしまったという記録です。クレジットカードの支払いでそれがあった場合でも、キャッシングの審査にまでそれが影響してしまうのです。

逆に、これまで一度もキャッシングやクレジットカード、その他のローン行為を一切利用したことが無いという場合も、かなり契約金額が抑えられてしまいます。それは、今まで一度もローン行為を利用したことがない人がきちんとキャッシングの返済を行っていけるか分からないからです。

これこそが、キャッシングの初回の利用時にあまり高い金額での契約が行えない理由なのです。

総合的な判断になります

キャッシングではこのような様々な理由によって、どれだけ借りることができるかが総合的に判断されます。最高で総量規制での上限となる年収の1/3(もしくはそのキャッシングの融資金額の上限)まで借りることができますが、実際にそこまで借りられるのは、本当に全ての条件が揃っていた時だけということです。

その為、最初から年収の1/3までなら借りられると簡単に考えてはいけません。下手な皮算用をしていると、いざそこまで借りられなかった時に困ってしまうので、全くの初回の利用の場合は30万円も借りられればいい方だと考えておいた方がいいかも知れません。

まとめ

このように、キャッシングでは必ず総量規制の上限まで借りられるという訳ではないのです。特にクレジットヒストリーはその判断にとても重要な要素で、これが全くの白紙(ホワイト状態と呼びます)だった場合には、他社からの借り入れこそ全くありませんが、キャッシングやローン行為自体を初めて行うという点から、大した金額は借りられません。

普通に考えれば、何もローンも抱えていない状態に越したことはありませんが、キャッシングの世界ではこのホワイト状態だけは別で、それだけこれまでの実績が大切な世界だということなのです。

関連記事

カードローンの審査に関しましては

未分類

カードローンの借り換えをした後に多くあるのが、いくつものローン会社を一元化したことで油断してしまって、今まで以上に借入を重ねてしまい、結局支払い負担が増えてしまったという最悪のケースです。 カードローンの審査に関しましては、申し込みをするときに記載する情報をもとに、申込人の信用性を計る...記事を読む

大手消費者金融を利用するようにすれば

未分類

有名な金融機関でお馴染のカードローンのおおよそが、画期的な即日融資をウリにしており、申し込み手続きを完了したその日の間に自由にお金を借りることが可能なわけです。 消費者金融の規定で定められている「収入証明書の提出が必要な金額」とは、必ず提出が必要とされる金額であって、より小さな金額でも...記事を読む

ここ数年流行っているカードローンの借り換えとは

未分類

銀行系ローンの一種であるフリーローンの利点は、断然低金利だと言えることです。 借入の上限額も高いですし、借り入れる方としても実に心強いと言えるのではないでしょうか?よく知られている消費者金融の場合、申し込みを行うときに「在籍確認は書類でやってほしい」という希望を言うと、電話連絡による在...記事を読む

消費者金融の規約で取り決められている「収入証明書を提出しなければいけない金額」というのは

未分類

カードローンの借り換えについては、借入利率がどのくらい下がるかも大切な点ですが、それよりも十分な資金を用意してもらえるかどうかが肝心です。 カードローンの借り換えを実行した際に多く見受けられるのが、多数の借入先をひとまとめにした安堵感から、一段と借り入れてしまい、結局返済ができなくなっ...記事を読む

低金利目的でおまとめローンをセレクトするときは

未分類

低金利目的でおまとめローンをセレクトするときは、重要視しなければならないことがあるのです。 それは、上限金利が低いということです。百万円に満たない程度の借金に関しては、上限金利が適用されるゆえです。 全国展開しているような消費者金融を選べば、申込を行なう際に「在籍確認は電話以外で...記事を読む

実生活で利用してみたらびっくりすることがあった

未分類

「給料日までもうちょっと!」という方にうってつけのマイクロクレジットでは、利息が実質無料でお金を借りられる可能性が大きくなるので、無利息期間つきの消費者金融をうまく使いましょう。 借り入れから一週間以内に完全に返済できれば、何回キャッシングをしても一週間無利息サービスが受けられる珍しい...記事を読む

何か所かの消費者金融の系列会社の比較サイトに設けられている

未分類

初めての金融機関からの借金で、単純に金利比較を行うことが理想的な方策ではない、と言っても過言ではありません。 あなた自身にとってどこよりも心強くて、まじめな消費者金融を選びたいものです。口コミサイトのコンテンツで、審査全般についての見聞を口コミの形で明らかにしている場合がよくありますの...記事を読む

自力の調査により

未分類

直近の3ヶ月のうちに他の消費者金融の審査が不合格であったなら、新しく受ける審査を通過するのは困難と思われるので、ほとぼりがさめるのを待つか、体勢を立て直してからにした方が合理的だと考えるべきでしょう。 金利の低い金融業者にお金を貸してもらいたいと考えているのであれば、今からお届けする消...記事を読む

特に大事な点は

未分類

銀行の系列のなっている消費者金融業者でも、スマホや携帯電話での申し込みを受け付けているところも探せばたくさんあります。 その結果、貸付についての審査速度の向上と当日中に振り込まれる即日融資が可能になったというわけです。このサイトを確認しておけば、誰にでも消費者金融でキャッシングの審査に...記事を読む

消費者金融の利用に際して興味が沸くのは金利に関することですが

未分類

本当に行ってみた人たちからの率直な声は、得難く重宝するものです。 消費者金融会社を利用する予定があるなら、あらかじめそこについての口コミをよく読むことを提案したいと思います。誰もが安全に利用できる消費者金融会社について、ランキング付けした形で一覧リストにまとめ上げたので、初心者でも心配...記事を読む

すぐにお金を準備しなければならない人に向けて

未分類

ブラックになってしまった方で、審査がさほどきつくない消費者金融業者を見つけたいのであれば、あまり知られていない消費者金融業者に試しに申し込んでみるのはどうでしょうか。 消費者金融の一覧表等で探すといいでしょう。すぐにお金を準備しなければならない人に向けて、即日でも融資を受けやすい消費者...記事を読む

無利息となる期限があるキャッシングというものは増え続けていますし

未分類

どれだけ金利が低くても、借り手の立場からするとどこよりも低金利の消費者金融にお金を貸してもらいたいという考えになるのは、当たり前のことです。 こちらのサイトでは消費者金融会社の金利を低金利で徹底比較しながら報告していきます。 金利が安い場合は負担も減りますが、お金を返す時に行くの...記事を読む

一週間という期限内に返すことができれば

未分類

幾度も実質金利ゼロの無利息で融資をしてくれる、便利な消費者金融もあるのですが、警戒心をなくしてはいけません。 無利息で金利無料という条件に取りつかれて、必要以上に借りていては、感覚がマヒしてしまう恐れがあります。 もっと低金利のところでローンの借り換えをすることで、今より金利を低...記事を読む

消費者金融からお金を借り入れる際に気にかかるのは金利ですが

未分類

消費者金融からお金を借り入れる際に気にかかるのは金利ですが、多数の口コミサイトを眺めると、各会社の金利や返済についての情報などを、念入りに説明してくれているところが多く存在します。 7日以内に返済を済ませたら、何回借り入れしても一週間無利息サービスが受けられる太っ腹な消費者金融会社も現...記事を読む

口コミサイトをよく読むと

未分類

普通は、全国に支店を持っている消費者金融業者では、年収の3分の1よりも多い借入残高があると、融資審査を何事もなく通るということはありませんし、未整理の債務件数が3件以上あるという場合もそうなります。 平成22年6月における貸金業法の改正に従って、消費者金融業者並びに銀行は同様の金利帯に...記事を読む

無利息サービスの条件などは

未分類

銀行の系列のなっている消費者金融でも、ケータイからの申し込みを受けているところも結構あるのです。 そのおかげもあって、借入のための審査時間の高速化と当日中に振り込まれる即日融資が実現できました。昨今では消費者金融系キャッシング会社への申し込みを行う際に、オンラインで手続する人も少なくな...記事を読む

大半の消費者金融での無利息のキャッシングサービス期間は

未分類

今の時代は審査時間も迅速になったという事情もあり、名前が知れている銀行系列の消費者金融業者でも、即日融資に応えることが可能であることが多いですし、メジャーではないローン会社においても大きな違いはありません。 このサイトを見れば、誰でも消費者金融でローンの審査をクリアする為の方策がマスタ...記事を読む

このページの先頭へ