カードローンを始めとする無担保で利用できる各種のキャッシングには、総量規制という収入による借り入れ制限が適用されます。

その規定によって、キャッシングでは原則的に年収の1/3までしか借りることができませんが、実際にはその1/3どころか、1/10程度までしか借りられないことも少なくありません。

この理由は一体何なのでしょうか? 何故きちんと法律によって決められている上限の年収の1/3まで貸してくれないのか、また、そこまで貸してもらえない場合に当てはまるのはどのようなケースなのでしょうか?

年収の1/3はあくまで上限です

この年収の1/3とは、総量規制が適用されるキャッシングにおける融資の上限額です。例えば融資金額(契約金額)が10~500万円というカードローンでは、借りられる上限はその500万円か、年収の1/3のどちらか低い方になります。

年収が300万円だとすると、100万円が総量規制における上限になるので、上記のようなカードローンなら100万円まで借りられると思ってしまうかも知れませんが、この年収の1/3という金額はあくまで上限として設定されるものです。

よって、実際にはそこまでの金額では契約できないことも多いのです。

金融機関は年収でなく所得(手取り)で判断

その理由として、まず、年収は収入であって、所得ではないという点から見ていきます。

年収が300万円あってとしても、実際に手元に残る手取り所得となると、その2/3の200万円程度なのが一般的です。それは、収入から所得税や住民税などの税金と、各種の控除が引かれたものが所得だからです。

返済に利用できるのは、もちろんこの所得の方です。よって、年収が300万円の人に100万円を貸してしまうと、現実的に返済はかなり難しいと言わざるを得ません。いくら法律的には100万円まで貸せるとしても、この実際の返済のことまで考えてそこまでは貸してくれないのです。

キャッシング会社側はもちんん、できれば高額を貸したいと考えています。しかし、返済が難しいと思われる金額まで貸してしまうと、今後はきちんと返済してもらえないリスクがあるという訳です。

総量規制は文字通り、”総量”に対する規制です

既に他社からいくらかでも借りていると、当然それが契約できる金額に影響します。総量規制は貸金業法が適用される全てのキャッシングの総計で判断します。

年収が300万円の人が他社から既に50万円を借りている状態だと、借りられるのは最高でもあと50万円まで(合計して100万円になるので)ということになります。

クレジットヒストリーも大きく影響します

キャッシングの世界では、クレジットヒストリーというものがとても重要になります。これは、これまでにキャッシングやクレジットカード、その他のローンを利用した経験のことで、これにいわゆる”傷”があると、それが原因で契約自体が行えなかったり、契約金額がかなり抑えられてしまうことがあります。

この傷と呼ばれるのは、返済日に支払いが行うことができず、延滞してしまったという記録です。クレジットカードの支払いでそれがあった場合でも、キャッシングの審査にまでそれが影響してしまうのです。

逆に、これまで一度もキャッシングやクレジットカード、その他のローン行為を一切利用したことが無いという場合も、かなり契約金額が抑えられてしまいます。それは、今まで一度もローン行為を利用したことがない人がきちんとキャッシングの返済を行っていけるか分からないからです。

これこそが、キャッシングの初回の利用時にあまり高い金額での契約が行えない理由なのです。

総合的な判断になります

キャッシングではこのような様々な理由によって、どれだけ借りることができるかが総合的に判断されます。最高で総量規制での上限となる年収の1/3(もしくはそのキャッシングの融資金額の上限)まで借りることができますが、実際にそこまで借りられるのは、本当に全ての条件が揃っていた時だけということです。

その為、最初から年収の1/3までなら借りられると簡単に考えてはいけません。下手な皮算用をしていると、いざそこまで借りられなかった時に困ってしまうので、全くの初回の利用の場合は30万円も借りられればいい方だと考えておいた方がいいかも知れません。

まとめ

このように、キャッシングでは必ず総量規制の上限まで借りられるという訳ではないのです。特にクレジットヒストリーはその判断にとても重要な要素で、これが全くの白紙(ホワイト状態と呼びます)だった場合には、他社からの借り入れこそ全くありませんが、キャッシングやローン行為自体を初めて行うという点から、大した金額は借りられません。

普通に考えれば、何もローンも抱えていない状態に越したことはありませんが、キャッシングの世界ではこのホワイト状態だけは別で、それだけこれまでの実績が大切な世界だということなのです。