僕は、大学時代スロットに夢中になり、朝起きてからのほとんどをパチンコ屋で過ごす生活を続けました。

そんな中パチンコ屋のバイトで月15万円くらいは稼いでいましたが、そのお金をほとんどスロットに費やす始末。そんな中、友人がキャッシングしていて勧められたこともあり、キャッシングしてしまいました。審査は思ったより簡単に通り、簡単に借りられることにびっくりしました。

親や友人には相談しなかったです。

スロットは期待値がマイナスのゲームです。

最初はビギナーズラックなのか勝つ時もありますがだんだん負けが込んできます。

最初は借入も一万二万で勝った時やバイト代が入った時には全額返すという方法で返せていましたが徐々に返せなくなってしまいました。

そうこうするうちに結局大学院を中退し、実家に戻ることになり、その借金が親にバレました。親は何も言わず借金を返してくれました。

その時親の有難さをしみじみと感じ、自分は一人だと何をやらかすかわからないと実感しました。

そしてしばらくスロットはやりませんでした。

またもうお金を借りることはしないと心に決めました。

しかし、就職して自由なお金ができるとまたスロットを始めてしまいました。

そしてまた借入に走ってしまいました。一万円くらい借りたと思います。

しかし、今度はこれではいかんとお金を返し、そしてちょうどその頃結婚してお小遣い制になったのでスロットから足を洗いました。

ギャンブルとキャッシングはつきものです。だいたいギャンブル依存症の人はキャッシングしていると思います。

ギャンブルは怖いしキャッシングも怖い。

僕の叔母もパチンコ依存症なのか200万円くらい借りてしまい、そして親族に返してもらってなんとかそれ以降キャッシングはしていないみたいです。僕の話に戻りますが今度は僕はFXをやってみたくなってまたキャッシングを利用しようかなと思って実際に借りるところに行って個人情報を入力するところまでしましたが今度は借りませんでした。

以上僕の体験談ですがもう借りないようにしたいと思います。