融資の審査を気にしてやってはいけないこと

融資の審査に落ちる5つの間違い

あなたが、これからカードローンにはじめて申し込もうと考えているのなら、絶対にやってはいけない5つの間違いに注意してください。最初に融資の審査に通ってカードが作られてしまえば、後はきちんと返済していれば追加の融資も簡単に受けられます。

だから、最初の申込で融資の審査に通ることが最も重要なのです。

5つの間違いとは?

自宅、勤務先の住所や電話番号を間違えない

よくあるのが、住所の間違い。特に郵便番号、番地の間違いが多いそうです。ケアレスミスは誰にでもありますが、あまり間違いが多いと再確認のために審査に時間がかかったり、いいかげんな人間という印象を持たれると審査に影響することもあります。WEBでの申込なら送信前に3回は目を凝らして再確認しましょう

他社利用件数は正直に申告する

どうしても融資を受けたいがために、他社の借入の件数や金額を少な目に申告してしまうと審査に落ちる原因になります。正直に申告しましょう。

消費者金融会社は「信用情報機関」というところから、あなたが今現在、どこからいつ、どのくらいの借入があるのかという情報を取り寄せることができます。信用情報機関の情報は、消費者金融、銀行などが共有している情報なので他社の借入状況でも分かるのです。どうせ分かるんだったら、なぜわざわざ申告させるのかと思われるかもしれません。正直で誠実な人かどうかが審査で見られているということです。

勤務先を正直に書く

例えば、勤務先を退職したにも関わらず、まだ勤めていると嘘をついてしまう人がいます。

しかし、勤務先には必ず在籍確認の電話が入るので、嘘はすぐにバレてしまいます。でも、勤務先に消費者金融でお金を借りているなんて知られたくないですよね?その点は安心して大丈夫です。ほとんどの大手の消費者金融では、お勤め先に個人名で電話しますので消費者金融からの電話だとバレることはありません。たとえ、あなたが外出していても「ただいま○○は外出中です」と誰でもいいので電話で応対すれば、その会社に「在籍」していることになるのでそれでOKなのです。

年収を多めに申告しない

給料明細が必要な場合はすぐにバレます。年収は与信への影響は小さいので正直に申告しましょう。

無理なく返済できるかよく考える

必要以上の金額を借りようとせず、本当に必要な金額だけにし、無理なく返済できる金額かどうかもよく検討しましょう。WEBサイトで毎月の返済額を事前に確認することができる消費者金融会社もあるので確認してみましょう。

お奨めのカードローン

P.S. 一言でいうと、大切なことは「正直に」「正確に」ということです。もし、ウソの申告を繰り返してしまうと「詐欺情報」としてブラックリストに載ってしまう可能性もあるので要注意です。申し込みをした消費者金融会社だけでなく他社でも審査が通らず、融資を受けられなくなることもあるので絶対にやめましょう。

家族にも内緒にしたいという場合は正直にその旨を伝えましょう。その辺の配慮はきちんとしてくれます。また、もし返済が遅れたた場合でも、携帯電話 → 自宅 → 勤務先 という順番で連絡がきます。いきなり自宅や勤務先に電話は来ませんが、返済が遅れてしまう場合は、あなたから先に連絡しておくと確実でしょう。誠実さが次の融資に繋がります。

審査が緩いキャッシング会社とは

インターネットで検索をしてみると、審査が甘いとか、審査が緩いとか、誰でも借りられる、というような文字が踊っています。

しかし、考えてみればわかるように、誰でも借りられるようなキャッシング会社がまともな営業をしているわけはありません。逆に誰でも借りられるようなキャッシング会社は違法な営業をしている闇金の可能性が高いといえます。闇金に手を出すことは自ら破滅の入り口に飛び込んでいくようなものです。

まともなキャッシング会社では融資をした相手から返済をしてもらわないと経営が成り立ちません。ただし、すべてのキャッシング会社が同じ審査基準で審査をしているわけではありませんので、もちろん審査が通りやすいキャッシング会社もあります。しかし、そのキャッシング会社も闇雲に融資をするわけではなく、その会社の審査基準に照らし合わせて融資可能と判断しているのです。

誰でも知っているような銀行や大手の消費者金融の審査基準は厳しくなっていますが、中小の消費者金融で地域密着型の経営をしているような会社は銀行や大手の消費者金融と同じような審査基準では競争に勝てないのこともありますので、審査基準が緩くなっている可能性が高いのです。

審査を少しでも早くしてキャッシング利用したい時

カードローン審査に通過する事によって、キャッシングやローン活用が可能になりますが、急な出費が必要で少しでも早く審査に通したい時にはコツがあります。

最近ではインターネット経由で申し込みから審査、契約、キャッシングまで行える業者が増えており、店舗に行かなくても利用する事が出来る利点がありますが、ネットだけで審査を進めるよりも、実際の店舗も活用した方が審査が早いです。

申込みだけはネット経由で行って、必要な入力事項等を提出してから、自動契約機に行って審査に入ると、迅速に審査が進んでいく事になり、ネット審査よりも店舗審査の方が優先されるという特徴があります。

もちろん近所に契約機等の店舗が無ければネットだけで完結させた方が良いですが、店舗も活用出来る場合は両方利用して進めていくと良いです。

即日融資に対応している業者である事も大切であり、即日融資に対応していると、申込みを行った当日中からキャッシング利用が可能ですから、慌てている場合には事前確認してサービスを扱っているかどうかチェックする事が必要になります。

いずれにしても急な出費で少しでも早くカードローン審査に通したいという状況において有効な進め方と言えます。

フリーターには縁のない消費者金融?

金融会社からお金を借りる、というのは正社員、あるいは契約社員として働いている人ができることであって、自分のようなフリーターには関係ないことだ、と諦めている人もいるでしょう。しかしそうではありません。消費者金融は、無職の人にはさすがにお金を貸せませんが、収入があれば検討されます。フリーターでも問題ありません。

問題があるとすれば年収です。年収が低いからといって借りられないというわけではありませんが、借りられる限度額が低く設定されてしまいます。


当日融資に対応したキャッシング会社を集めました 今すぐお金が必要なとき頼りになるのは即日振込キャッシングが可能なカードローン。安心して借りられる大手キャッシング会社を調べてみました。

カードローンで即日融資を希望なら自宅からパソコンで申し込みができます 今すぐお金が必要なとき頼りになるのは即日融資が可能なカードローン。新生銀行グループのノーローンなら来店不要で即日融資が可能なのでいざというとき頼りになります!

消費者金融で即日融資を希望なら自宅からパソコンで申し込みができます 今すぐお金が必要なとき頼りになるのは即日融資が可能な消費者金融。新生銀行グループのノーローンなら来店不要で即日融資が可能なのでいざというとき頼りになります!

このページの先頭へ