ノーローン審査

 

ノーローンは、一週間無利息キャッシングが特徴の新生銀行グループのカードローンです。一週間無利息キャッシングとは、借入した日から7日目までに返済すれば利息がつかないというものです。給料日前でちょっとお金が足りない! すぐ返済できるのに利息を払うのも勿体ない!なんていう方におススメです。このサイトは、ノーローンでの申し込みで「絶対にやってはいけないこと」をまとめました。

申込から契約までの流れ

まず、ノーローンの申し込みから審査、契約までの流れを簡単に説明します。

 

ノーローンの審査:申し込みで絶対にやってはいけないこととは?

 

STEP1: ノーローン公式サイトから「お申込みはこちら」をクリックして必要事項を入力します。
STEP2: 審査結果がメールで届きます(最短20分)。
STEP2: 運転免許などの本人確認資料を自宅やコンビニからFAXで送ります。近くに自動契約機があればそちらからも可。
STEP3: 即日融資を希望された方はこの段階で融資金額が振り込まれます。
STEP4: 後日、契約書類が届くので記入して返送します。

 

以上で、ノーローンの契約は完了です。

⇒ ノーローンの公式サイトはこちら

ノーローンの申込内容

希望額・・・いま自分が必要としている金額を申告するばいいのですが、不必要に高額な希望額を申告すると収入とのバランスで審査に影響することがあります。あくまで本当に必要な金額を申告しましょう。
利用目的・・・ショッピング、レジャー、ショッピング、生活費、教育資金、事業資金、医療費等、何に必要なお金か申告します。自己申告です。証明書類は必要ありません。
個人情報・・・住所、氏名、生年月日、性別、既婚/独身、電話番号、勤務先、勤務先住所、勤務先電話番号、勤務年数、年収、業種、職種、給料日、 正社員/アルバイト。
※年齢20歳~69歳までの安定した収入のある方が対象です。
※主婦の場合、パートやアルバイト、内職など、何らかの収入がないと申し込みできません。
他社の借入件数と借入総額・・・自己申告ですが、信用情報機関への問い合わせによりすぐにバレますので正直に申告しましょう。

 

その他・・・
※本人確認資料は、運転免許証、保険証、パスポート、住其カード、外国人登録証明書等
※50万円を超える借入の場合は、収入を証明する書類(源泉徴収書や収入証明など)を求められる場合もあります。
※担保や保証人は不要です。

⇒ ノーローンの公式サイトはこちら

ノーローンの申し込みでやってはいけないこと

基本的に当然のことですが不正確な情報や虚偽の申告をしてはいけません。正確、正直が肝心です。

 

よくあるのが、住所の間違いです。特に郵便番号、番地の間違いが多いそうです。ケアレスミスは誰にでもありますがあまり間違いが多いと再確認のために審査に時間がかかったり、いいかげんな人間という印象を持たれると審査に影響することもあります。

 

また、借りたいがために、他社で借入が何件かあるのに、正直に申告をしなかったり、勤務先を退職したにも関わらず、まだ勤めていると嘘をつくのは、殆ど否決になるのでやめましょう。

 

ノーローンに限らず消費者金融会社は「信用情報機関」から情報を取り寄せます。信用情報機関とは、あなたが今現在、どこからいつ、どのくらいの借入があるのかという情報を提供している機関です。この情報は、消費者金融、銀行などが共有している情報なので他社の借入状況はすぐに分かってしまいます。分かるのになぜわざわざ申告させるのかとお思いになるかもしれませんが、「正直」に申告するということが審査で見られています。

 

また、勤務先には必ず在籍確認の電話が入るので、嘘はすぐにバレてしまいます。

 

このように、虚偽の申告を繰り返すと「詐欺情報」としてブラックリストに載ってしまう可能性もあるので要注意です。ノーローンだけでなく他社でも審査が通らず、融資を受けられなくなることもあるので絶対にやめましょう。

⇒ ノーローンの公式サイトはこちら

勤務先に借入を知られたくない

ノーローンでは、審査の為にあなたが本当に申告した会社に勤めているか在籍の確認のために勤務先に電話をします。
しかし、勤務先に消費者金融でお金を借りているなんて知られたくないという方も多いと思います。

 

ノーローンでは、個人名で電話しますので勤務先にバレることはありませんのでご安心ください。たとえ、あなたが外出していても「ただいま外出中です」と同僚の方が電話で応対すれば、その会社に「在籍」していることになるのでそれでOKです。

 

また、家族にも内緒にしたいという場合も正直にその旨を伝えましょう。その辺の配慮はきちんとしてくれます。

 

もし返済が遅れたた場合は電話が来ますが、携帯電話 → 自宅 → 勤務先 という順番になります。いきなり自宅や勤務先に電話は来ませんが、返済が遅れてしまう場合は、あなたから先に連絡しておくと確実です。

⇒ ノーローンの公式サイトはこちら

ノーローン審査のまとめ

ノーローンの融資を受けるには最初の審査に通ることが最も重要です。
申し込みにおける5つのポイントを再チェックしましょう。

 

  1. 自宅、勤務先の住所や電話番号を間違えない(審査落ちの大きな要因!)
  2. 他社利用件数は正直に申告する(きちんと消費者金融を利用している件数のみを記載する)
  3. 年収を多めに申告しない(給料明細が必要な場合はバレます。年収は与信への影響は小さいので正直に)
  4. 無理なく返済できるかよく考える(公式サイトで毎月の返済額を事前に確認する)
  5. 契約条件によく目を通す。分からないことは聞きましょう。

 

 

>> ノーローンの公式サイトはこちら <<

 

 


当日融資 今すぐお金が必要なとき頼りになるのは当日融資が可能なカードローン。新生銀行グループのノーローンなら来店不要で当日融資が可能なのでいざというとき頼りになります!
消費者金融 即日融資 今すぐお金が必要なとき頼りになるのは即日融資が可能な消費者金融。新生銀行グループのノーローンなら来店不要で即日融資が可能なのでいざというとき頼りになります!